旅流 草一郎 紅白出場への道

蒲田の路上シンガー


 ライブ敢行致しました!まずは、明日どうなっているかわからない状況で早い段階から柔軟な対応を約束してくれていたお店(海maruko)に感謝です。そのおかげで、コロナ対策などの新たな仕組みの準備にも慌てることなく用意ができました。 そして、大変な中、お時間を作ってお越しいただいたお客様に心から感謝いたします!!本当にありがとうございました。 IMG_4823 3
  

 飛沫ガード:ポールと土台はお店のランチののぼり。ガードは食卓用シート(0.2x1200x2000/オリンピックで¥40/100mm) →


 自分自身が2月ぶりのワンマンだったからかなんなのかわかりませんが、ものすごく興奮しました。翌朝目が覚めても興奮していて、間違えてバイアグラでも飲んだのかと思ったほどです(おもってへん、おもってへん)

104410710_278842943167965_5969455258666822744_n 4
ビニールのシワに光が反射して見えづらくなるので顔にステージ側から投光器を顔に当てました。お店は魚の水槽が幾つもあるので、使用していないものを借りることができました。


 
セットリスト
1st
 1.あかよろし
 2.下丸子
 3.さよなら日本
 4.日はまた昇る


2nd
 1.Don't let me be lonely tonight (James Taylor)104422360_1359674307756332_4146892383253376063_n 4
 2.What a wonderful world
 3.夕日の見えぬ町
 4.情熱のブルース
 5. はぐれ雲


 また、来月の第三木曜日にお会いしましょう。皆さんのご健康を心よりお祈りいたします。興奮が冷めない。。


<旅流出演情報>
 6月21日(日)14:25〜14:50
FMやまと(神奈川県)77.7Mhz
「サンデーアートあわー」
 コーナー名「今週の「人」」
 パーソナリティ 千葉 真理 

















 


 春の選抜の中止で宙ぶらりんだった気持ちをぶつけられる大会が甲子園で開かれることになった。中止になった時とは違う球児たちの涙を見た。本当に良よかった。史上初の経緯を辿った試合。開催が待ち遠しい。

 さて、こっちも始動です!

『俺とギターと下丸子  〜時々ピアノ&ゲスト〜 Vol.7』 

6月18日(木)スクリーンショット 2020-06-04 22.04.00
19:00開場/19:30開演
投げ銭+オーダー
会場:アクアリウム酒場
海maruko 
( 東急多摩川線下丸子下車2分)
問合わせ・ご予約
080(41743520) 

※感染予防を考慮して健康な方10名様限定での開催です。 宜しくお願い致します。


 旅をしていた頃の話(古い話でごめんなさい)。2002年の10月に新潟県の路上で唄っていた時に地元の高校の野球部の3年生(当時既に退団済み)の一団と出逢い、彼らを題材にした『ベースボールチーム 〜2002年のきみたちへ〜』という曲を書きました。高校生活のすべてを野球とチームに注ぎ込んだ彼らの3年間の思いを歌にしたいと思ったからです。
 
 話は変わります。今年の春の選抜高校野球は新型コロナウィルスの影響で大会史上初の中止に至りました。大会史上初というこの一大事は平時ならもっと時間を割いて話題になっていたような気がします。高校球児の念願である甲子園出場が決まったあとで大会ごとなくなるという衝撃は一体どんなものだろう。

 球児や関係者ばかりでなく、僕らの心も相当の衝撃を受けているはず。もっとこのことを共有しなくちゃいけない。いても立ってもいられず何かしたいと思いYoutubeに先述の曲をアップして声を上げようと思いました。そこで、2002年の部員たちに連絡を取り、当時の部活や試合の写真を借り、動画を制作しました。何の足しになるかはわかりません。でも、絶対に誰かの応援になると信じています。そして、これからも2002年の幻の春の選抜をずっと忘れずに高校野球を応援していきます!!

 


 

↑このページのトップヘ